toggle

答えは自分の中にある・・・ん・・・だ、け、ど

「答えは自分の中にある!」

これ、真実
でも・・・ニャゼ?分っているけど、私だけ真実にたどりつかニャイの・・・なぜ?とつぶやいちゃう人、多いのです。

セミナーに出る、講座に出る、勉強会に出る、セッション受ける、本を読んで感動する
そして「私は変わるわ!変わったわ!!!」という感動の嵐の中に入る。
これも真実。
そう変わったんです。あなたはバージョンアップしたのよ。

その状態、1ヶ月くらい、3ヶ月くらい・・・続く。
けれども
ふと気がつくと「あれれ?前の私に戻っていない?」なんてこともある人も多い。
答えは自分の中にある!
をしっかりしっかりマスターすれば、核となる答えを見つけられる自分は維持され続けますが・・・
マスターするには、練習が必要な人、多しなんです。

 

人って、慣れの生き物

 

慣れ親しんだ場所に戻りやすい。
新しく学びいれたものがどんなに素敵であっても
その素敵な変容に向けて働きかけをしていかないと・・・
慣れ親しんだ場所に戻って・・・。
そりゃそうさ、慣れている場所で、どうにかこれまで生き抜いてきたんだから。
これまでの自分の操作方法
その場所での周囲との関わり方がすぐに出てくる。
英語学ぶ為に海外生活していても、熱い物を触った瞬間は「アツ!」って咄嗟にでてくる。
“Ouch!”と出るには、英語漬けの時間と英語が自分らしくなってこないとね。

例えば、Parisに住みたい自分がいる
Parisのシニカルな人たちの中のほうが、辛口な自分は暮らしやすいと思っていても、
慣れているのは閉鎖的で協調を重んじる日本。

居心地悪いなぁと思いながら生きてきたことに慣れているので、
どんなにParisが自分に合っていたとしても、
そこに行くには勇気もいるし、
準備も大変だし・・・という思いが出てきて、
これまでの自分を維持しつづける選択を取ってしまう。

人から
「あなたはシニカルすぎる、好き放題言い過ぎる、もっと人の気持ちを考えれば?」
と言われては、それに凹んだり怒ったりしている行動に慣れている。

慣れている場所をコンフォートゾーン
(心地良い場所、慣れ親しんだ場所)と言います。

IMG_8727

(動きたくない気持ち満載の図)

新しいコンフォートゾーン造りに消極的になるのは
今の場所からの脱し方が分らない
外での生息に仕方が分らない
出たけれども、いつの間にか戻っている自分に気づかない

 

これら・・・なぜ起きるのか?
答えは
思考のクセ

です、と私は言っちゃいます。

人は1日に約6万個の物事を考え
そのうちの95%は前日も前々日も考えたことという研究結果も出ている
(文献見つけてません)。

 

例えば、「あぁ、日本から出たい、住みにくい」という思考は今日突然誕生したわけではなく、日々日々ことある事に考えているはずです。

今日、考えたことの多くは、昨日も考えていたこと・・・
皆さんも振り返ってみると良いかもしれません。

私は自分軸の講座の1回目の報告ブログを書こうと昨日も一昨日も考えていました!
思考というものに、私達は日々日々振り回されているわけです。

何か出来事が生じる

考える

考えに沿った感情が出る

感情に沿った身体反応がでる

感情と身体感覚に沿った振る舞いをする

振る舞いについて考える

・・同じ・・
これをグルグルしているわけです。

何かあるたびに自責を感じやすい人は「私が悪い」という思考に陥りやすいわけです。

 

答えは自分の中にある!という目覚めの洗礼を受けると
全ては愛、自分はスピリットや大いなる存在にサポートされている、愛されている存在など、目覚めが起きます。

それは真実なので、何か嫌だなと感じる出来事があるたびに
「これも必然だから、何か学びがあるはずだから、私は宇宙に愛されているから・・・」
と一生懸命、自分に言い聞かせをしていきます。

 

でも辛くなってくる人は比較的多いのです。

 
自分にとってあんまり嬉しくない出来事が起きた時はなおさらです。

これは出来事に関わっている自分以外の人々にも責任があるってことをしっかり省みていないため、
自分に言い聞かせている言葉がしっくり来なくなる。
辛くなってきてしまうわけです。

そして これまでの慣れ親しんだ場所にいつのまにか戻っている

そして答えが自分の中にあるって学んだので、
自分の考え=真実と認識しちゃっている人もいてね。
「自分の考え≠真実」です。

 

「自分の考え≠真実」

なんて書くと「答えは自分の中にあるっていったじゃない」と混乱させちゃうかもしれませんが・・・

お伝えしたいことは

 

真実は自分の思考を超えたところにある

 

です。

 

故に
思考についてしっかり知る
思考の支配に気づく
思考と距離を置く
これをみっちり練習しないと、“答えは自分の中にある”っていう言葉に振り回されちゃうのですね。
もちろん、最初から分っている人は、スルスルって行きます。
でも、思考=真実と思いがちなのは、人のクセです。

 

自分軸講座の第1回目は「思考の支配から逃れる」
1回目の講座は終わりましたが・・・参加者さん、どよめいていました。
Facebookでグループを作り、日々日々、思考をみつめる日々です。

 

認知行動療法、ヒプノ、スピリチュアル、顕在意識、潜在意識、魂領域、これらをじっくり向き合ってきているわたくしcocoがファシリテーターなので、じっくり差度合いもかなりのもです。

 

日々日々、気づきの受講者の皆様です。

自分を知るって面白いね、
自分を知ると自由になるね
でも、自分のコンフォートゾーンから出る練習でもあるので、時々痛かったりもするんです。
でもグループでしているが故に、自分だけではないことを感じられ、私のフォローがついているので、不調和な空間に置き去りにはしません。

今度、自分軸の方々の気づきなど、シェアしていきますねん。
好きと自由で私を生きる!自分軸講座

次回は…秋頃かな♡
オールグッドメディスン!

~~ ホンマルラジオ ~~

『サヨナラ!行詰り人生、開運☆幸せな人生の極意教えます』

配信中です!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です